TOP > 1トップのチームが席巻した欧州CL
 ← 再び映画でずっこけた長澤まさみの不安材料 | TOP | ハン・ヘジン CMなどを通じて新たな活動スタート! 

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


1トップのチームが席巻した欧州CL 

2007年06月22日 ()
ミシュラン・ビバンダムドールキーチェーン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070622-00000007-spnavi-socc
 例年ワールドカップ直後のシーズンは、戦術の変遷を占う上で非常に大きな意味を持つと考えられている。ドイツ大会では攻撃的な両サイドバックと1トップという形のチーム(特にイタリア、フランス)が成功を収めたが、この傾向は今季のクラブチームでも見て取ることができた。

 特に顕著なのは欧州チャンピオンズリーグ(CL)。“前例”を作ったのはアーセン・ベンゲル率いる2005-06年シーズンのアーセナルだった。前線にアデバヨル(国内リーグのみ出場可能だった)を起用することができなかったため、自らの方針を曲げてカウンター中心の4-1-4-1を採用し、これが決勝進出へとつながった。
最新スポーツ情報は・・・スポーツランキング

パリでの決勝戦では、フランク・ライカールト率いる超攻撃的なバルセロナに完敗を喫してしまったが……。

 今シーズンは明らかに潮流が異なり、昨季の覇者バルセロナはベスト16で早々と敗退。決勝にたどり着いたのはカルロ・アンチェロッティのミラン(国内リーグでの4-3-1-2とは異なり、CLでは4-3-2-1のクリスマスツリー型を採用)と、ラファエル・ベニテスの“現実的”なリバプールだった。どちらのチームも攻撃的な戦いもできるが、最大の武器はカウンター。両サイドバックに攻撃参加の得意な選手を配置している(ミランはヤンクロフスキとオッド、リバプールはリーセとフィナン)。

 何よりこの戦術的傾向を象徴する存在は、カルロ・アンチェロッティ率いるミランだ...

ニュースの続きを読む


LESPORTSAC レスポボストンバッグ 『レディ ビー グッド』


◆スポーツ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆スポーツ関連の無料のレポート情報
実録!本部当番

ヤクザの事務所の内部ってどうなってるの?


どんな人がいるの?

どんな物があるの?

何が行われている?

映画では映し出されない、日常の暴力団事務所の様子を暴露します。

でも意外と小奇麗なのですよ(笑…

なるほど!英語表現80連発~映画・海外ドラマの英会話~/全130ページ

2004年12月~2006年7月の間に、メールマガジン
「趣味から始める英会話~週2回のハリウッド留学」
に登場した”なるほど!英語表現”を完全網羅。
130ページの無料レポートに仕立て上げました♪

[内容の一部]




スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.22(Fri) 12:32] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 再び映画でずっこけた長澤まさみの不安材料 | TOP | ハン・ヘジン CMなどを通じて新たな活動スタート! 

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://blog001089.blog104.fc2.com/tb.php/337-3cc88d7b
 ← 再び映画でずっこけた長澤まさみの不安材料 | TOP | ハン・ヘジン CMなどを通じて新たな活動スタート! 

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。